2012年07月22日

首相はひるまず体制立て直せ・・・読売社説

民主党で離党者が相次ぎ、野田首相は、一段と厳しい政権党の運営を迫られている。さらなる離党を防いで政治をいかに前に進めるか。今、それが問われている。
 懸念されるのは、エネルギー政策や環太平洋経済連携協定(TPP)参加など党分裂を誘発しかねない問題で、首相が思うように決断できない事態に陥ることだ。
 民主党の離党者は、小沢一郎元代表のグループ以外からも出ている。理由は、反消費増税に限らない。女性参院議員3人は、脱原発や反TPPも訴えて離党した。
 「次の選挙で生き残れない」と見切りをつけた面もあるだろう。党に対する愛着も薄い。
 輿石幹事長が「国民の信を問う前に、政権が崩壊する」と述べたのは、危機感の表れだ。
 「政権交代」は果たしたものの、政権公約(マニフェスト)の主要政策は、ほぼ総崩れだ。
 党を立て直すには、実現不可能な公約に固執せず、新たな党の目標を設定することから始めることが必要ではないか。
 党のよって立つ基盤を築き、一体性を作り出すために、政策論議を重ねるべきだ。
 民主党には、手順を踏んで決めた政策を尊重せず、議論を蒸し返す体質もある。全議員が参加する場での議論は大切ではあるが、それだけでは収拾がつかない。離党の呼び水にもなっている。
 政策の最終決定へのプロセスをもっと工夫すべきだ。
 鳩山元首相ら一体改革関連法案の採決時に造反した議員が、反消費増税の立場から執行部を揺さぶる構えを見せている。
 鳩山氏は首相官邸前で行われた反原発再稼働デモにも参加した。大衆迎合そのものではないか。
 この先、原発政策やTPPの方針決定を巡って、党内の意見が大きく割れる可能性もある。
 前原政調会長を中心に、今から十分議論しておくことが、肝要である。次期衆院選の公約を準備することも急がねばならない。
 今度こそ、実現可能な公約となるよう精査が必要だ。
 民主党の分裂に「極めて遺憾」と不満を表明した支持団体の連合との関係改善も課題だ。
 だが、国民政党として、政策や選挙でどこまで連合に依存すべきかということも議論の対象になるのではないか。
 党執行部は、時には毅然きぜんとした態度を示し、所属議員が政府の決定や党議拘束に従う政党文化を育てていかなければならない。
(2012年7月22日02時01分 読売新聞)

苦しいなぁ・・・・
ついこの間までは、政権に反抗する小沢氏をさっさと追い出せば、消費税増税案が可決できると書いていて、実際に小沢氏が離党したのに、その後の騒動までは予想していなかった・・というより、消費税増税を進めたいだけの意見だったのがよくわかった。

今更、民主党が一致団結する訳がないのは誰が見ても明白である。
政権交代したときから、難しい事はその場で徹底的に決定するのではなく先送りしてきた事が、党内で様々な意見が統一されないまま放置されていたのが、この場に及んで一挙に噴き出しているのだから、かなり根が深い。
元々、いろんな野党が集まってできた民主党だから、確固たる基盤がない上にお互いを気遣いながら(腹を探りながら?)運営しているので、もはや『政策の最終決定へのプロセスをもっと工夫すべきだ。』なんて、むなしい抽象的な言葉しか投げられないのは、書いている本人が一番、わかっているんじゃないか?

社説は「意見」なので何を書いてもいいが、今日ほど読んでいてむなしいさが漂う社説は久方ぶりに見ました。
posted by ガチャポン at 11:50| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

熱中症・・・・

今日の3時頃、事務所から1階の喫煙所に行こうとした時に、聞こえていたサイレンが止まって、前のビルのところに救急車が止まってました。そばにいた2人のガードマンの方が、
「さっきからおかしい感じやったからなぁ〜」
「うん、自販機の前やのに、ふらふらしとったからな」
どうやら、熱中症らしい。

相方から聞いた話だけど、知合いの看護婦が体育館で健康診断をした時に、暑いなあと思っていたのに突然、汗が出なくなったらしい。喉も乾いてないし、「あれ?おかしいかな」と思って仕事を続けていると、ふうぅっと意識が遠のいていく感じがしたので、「これはやばい!」と思って休憩を取って、大事に行かなかったそうだが、曰く、自分で気づく最終段階だったとか・・・・これ以上になると自力ではどうにもならないそうです。
また、この看護婦さん曰く、こういう時に『水』を取ると、体の塩分やカリウムが薄まってダメだそうです。
こういう時は、『ポカリスェット』の方が塩分やカリウムが補充されるのでいいそうです。

7月だというのに、東京の最高気温が35度を超え、全国のあちこちで高い気温が記録されているこの時期は、外を出歩く人は言うまでもなく、室内でも熱中症が起こります。
普段から水分を補充するように気をつけようと思います。
posted by ガチャポン at 23:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

週刊誌報道・・・橋下市長の女性問題

 橋下徹大阪市長が大阪府知事就任前の平成18年、大阪市内の高級クラブに勤務していた女性と知り合い、交際していたとする記事が19日発売の週刊文春で報じられることが分かった。橋下氏は18日、記者団に「事実の部分と事実でない部分があるが、まずは妻に説明したい」と述べ、事実関係をおおむね認めて「僕のポカで家族に迷惑をかけた。子供には本当に申し訳ない」と神妙に語った。
産経新聞 7月18日(水)21時45分配信 記事はこちら

中味を読むと大阪府知事に就任前の話らしい。公人になってからの行動ならば、非難されるべきものだと思うけど、就任前なら別にいいんじゃないの?と、個人的に思ってしまいましたけど、ダメかな?

最近は週刊誌離れが酷くて、売上が下がっているので、購入を煽るようなこういった記事が必要という事らしいけど、なんかひと昔前も写真週刊誌と同じような道をたどっているように思います。
ふた昔前は、著名人や有名人はかなり「お盛ん」だったにもかかわらず、、報道する側に「紳士協定」みたいなものがあったし、知合う場所にいる女性も「プロ意識」があってリークする事もなかったので、報道される事はなかったみたいだったんだけど、最近は女性の方から「売り込み」する事が多いらしいね。橋下市長の件も新地のクラブに勤めていた女性からだったみたい。
「情報開示」は必要とは思うもののこんな情報はいらんでしょう。(もっとも、反橋下派にとっては、美味しいかもしれないけど(笑))

大衆迎合するあまりの週刊誌の生き様はそのうち、淘汰されるような気がします。
posted by ガチャポン at 23:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

トップたるものが取るべき態度・・・・中日・高木監督

本日、行われた対広島戦で9回に逆転負けを喰らった高木監督が「あかんわ、こんな試合勝てんようじゃ」と怒りの表情でベンチを引き揚げたそうな。
これを聞いた選手達はどう思ったでしょう?
特に、9回初めからマウンドに上がった岩瀬投手はどう思ったでしょうか?

もちろん、打たれたのは投手自身だけども、その投手を選んだのは監督(ピッチングコーチの助言はあるにしても)。その言葉を仮に自分自身に言ったとしても、言葉が足らないから選手や岩瀬投手達は自分に言われているような気持ちになるんじゃないかな?(自分自身にいう訳はないが・・・・)

5月に走者を本塁に向かわせてアウトになった時にその3塁コーチを罵倒した言葉をマスコミの前でしゃべったり、ついこの間の巨人戦で3連敗した時に、投手コーチに「巨人はエース級なのにうちはそうじゃない」と、暗に投手コーチを非難する言葉をマスコミに投げていたけど、こんな事していて、コーチや選手がついてくると思っているのかな?
過去にも1992年から95年半ばまで指揮を執っていたんですが、この時もあまり芳しい成績を残していないのは、やはり、自己チューな言葉を投げかけていたようだ。

一般企業でも、よく言われる事だが「手柄は部下のせい、失敗は自分のせい」とするような上司の方が、部下や周りの人間がついてくると言われているが、個人事業主の集まりである野球の世界では、一般企業より大事なんじゃないかと思いますわ。特に昔とは人の考え方も変わってきてるので、昔ならば「なにくそ!」と反骨心で頑張るということも多々あったと思うけど、最近では、むしろやる気をなくしてしまう方が多いのではないかな。そういう意味では、人心掌握がうまくない人間がトップになれば、本人も周りも不幸になるんでしょうね。

昨年まで中日はリーグ優勝もしているし、常勝チームという感じなんですが、今年は優勝はおろか4位以下のBクラスになると予想してます。でも、その方がチームや選手、ファンにとって、監督交替の話がでてくるのでいいのかもしれませんね。
posted by ガチャポン at 23:42| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

桑名正博 重体・・・

1979年のヒット曲「セクシャル・バイオレットNo・1」などで知られる歌手の桑名正博(58)が脳幹出血のため、意識不明の重体であることが15日分かった。
スポニチアネックス 7月16日(月)7時1分配信)

新聞によると、手術ができないので積極的な治療を行わないとの事で、奇跡が起こるしかないようです。

搬送先の病院が近所なので、買い物がてらに通ってみましたが、裏口にマスコミの方が数十人いらっしゃいました。見舞いに来る芸能人と容態の変化時の対応かと思います。

昔、高校時代にラジオから流れてきた「スウィートホーム大阪」という大阪弁の歌詞でノリのいい曲に魅かれて、アルバムを購入しました。その曲を歌っていたのが「ファニーカンパニー」というバンドでその中に桑名氏の名前がありました。
(youtubeはこちら
それから、数年経って、その名前は『哀愁トゥナイト』『セクシャルバイオレットbP』とともに、広く知られるようになりました。
大阪人らしくノリとテンポがいいトークを大阪弁で話すのに、好感を持っていた芸能人の一人でした。

元々、「桑名財閥」と一部では言われるほど由緒ある家の跡取り息子だった訳で、やんちゃしながらも「品がありました。「アリス」の谷村新司・堀内孝雄は桑名正博の実家の蔵で練習していた話も結構、有名な話です。阪神大震災の時には、陸上交通が遮断されているために船を使って物資を運んだとか。音楽を学びながら高校卒業資格が取得出来る学校の理事長をしたりとかとにかくいろんな支援や活動をしていたのも、「育ちのよさ」があったからなんでしょう。

渋谷天外さんと2週間前に飲んだ時に「もう悔いないよ」と言ったそうですが、こうなる事を予期していたのかもしれません。でも、まだまだ、活動してほしいです。

奇跡が起こる事を祈ってます。
posted by ガチャポン at 14:47| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

雑感・・・・

今日の大阪・・・・

2012_0715_140631-IMG_20120715_140631.jpg 2012_0715_140941-IMG_20120715_140942.jpg

九州各地や京都では、凄い豪雨で犠牲になった人もでているのに・・・
大阪はご覧のとおり・・・しかも、暑いです・・・・
梅雨明けももうすぐでしょう。そして、夏の暑さが本格的になっていくんでしょうね。
今年は電力不足とも言われているので、過酷な夏になりそうです。


閑話休題
本日のこの記事で、通算1500本です。
2004年10月から始めて、7年と9か月・・・・・
単純計算でひと月に16〜17本程度・・・多いのか少ないのか・・・・
(月に1本なんて事もよくあるので、一概にはなんとも言えないのですが・・・)

とにかく、こんなどーでもいいようなブログに付き合って頂いて感謝いたします。
これからもどーなるかわかりませんが、よろしくですm(__)m
posted by ガチャポン at 17:25| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

違和感?・・・・

7月から仕事を始めて、2週間が過ぎました。
以前から書いている通り、昨年11月まで仕事をしていたところなので、職場の雰囲気も慣れているし、仕事仲間も見知った人ばかりなんですが・・・・
なんとなく違和感を感じてます。
昨年、仕事をしていた時もなんとなく感じていたのですが・・・・・

それらしい理由がわかりました。
それは・・・・・・・・・

今の職場の年齢層が若いという事でした。
仕事先の社員は20〜30代が中心で、40代以上は管理職だけ・・・しかも、僕より年上は1人だけ・・・
その仕事先と契約しているシステム会社と僕は契約しているのですが、配置されている人間は僕を合わせて12人・・そのうち40代は2人で、後は20〜30代・・・・
という事で、ほぼ最年長?(笑)
でもって、仕事環境を教えてくれるのは、息子とほぼ同じ年齢ですからね(笑)

今年の初めの仕事先でも、東京での仕事先でも、これだけ年齢差はなかったので戸惑っているんでしょうけど、時代が流れて、それだけ自分が歳を喰ったという事なんですよね。
仕事ではもちろん何の問題も起こっていないし、普通に会話もしてるけど、こういうなんだかわからないギャップを感じるのは仕方ないんでしょうね。

まあ、こちらが垣根を作ってしまうと相手は余計に近づいてこなくなるので、出来るだけこちらから心を開いておこうと思ってます。
あっ、それと笑顔とね(笑)


でも、こんなジェネレーションギャップを仕事で感じるとは思わなかったわ(笑)
posted by ガチャポン at 22:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

醜い・・・

大津市のいじめ事件・・・・・・

教育関係者のインタビューの様子を何度か見たけれども、いずれも歯切れの悪い返答ばかり・・・
しかも、追加アンケートした198人分の回答のうち、学校側が調査したのは2人分だけだったとか・・・・

その理由が、『1回目アンケートの回答と変わらなかったから、新たに調査する必要と感じなかった』
でも、その中に「葬式ごっこをした』とか『自殺の練習として首を絞めた」という回答があったにもかかわらず、『見落とした』やて ┐(´-`)┌

おまけに、いじめ操作に入った滋賀県警も、父親がこれまでに3回も被害届を出そうしたのに変な理屈をつけて受理してなかったのに・・・・・・・報道で騒ぎになると手のひらを返したような素早い捜査介入 ┐(´-`)┌

おざなり、事なかれ主義、鈍感、無責任、隠ぺい体質・・・・・・
原発、増税、外交、あらゆる場面で見てきた光景・・・

この国はどうなっていくんでしょうかね・・・・・
posted by ガチャポン at 22:30| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

当たりまへんなぁ〜

今日から、前後賞を合わせると5億円のサマージャンボが売り出されました。
新聞によると、一等がよく出る売り場には購入客が殺到したとか・・・・・

その裏で、674回目のロト6の抽選日でした。
結果は・・・・・はずれバッド(下向き矢印)
以前、3等が当たった事がありますが、それ以来、たまに5等1000円が当たるくらいで、鳴かず飛ばず。
最近は、6つの数字のうち、2つまでは当たる事はあっても、3つ目の数字がかすってばっかりで、5等からも遠ざかってます。
こんな調子では、1等が当たるのは夢の夢ですかね。

それでも、買わないと当たらないので買い続けてますが・・・・・・
posted by ガチャポン at 23:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

7月7日・・・・

と言えば、全国的に『七夕』!
なんですが、実は父親の命日でもあります・・・・

亡くなったのが平成14年なので、ちょうど10年前なんですが、もっと昔のような気がしますね。

中学生になった頃から、だんだんと会話が少なくなって、高校〜大学の頃は、自宅通学のくせにほとんど顔を合わせず、自分の部屋にいたものです。
社会人になってから、ちょこちょこと話をする機会が増えて、だいぶと会話もしたんですが、一般的な話やその時の社会の出来事なんかが多かったような気がします。

亡くなった後に、相方から僕の知らない親父の若い頃の話を聞いた時には、ちょっとびっくりしました。
子供の時に戦争の時の話とかを聞いた事はありましたが、戦争前の話や戦後の話は聞いた事がなかったし、積極的には話をしたくなかったんでしょうが、今になって、無理にでも聞いとけばよかったと思ってます。

「親孝行、したいときには親はなし」という言葉がありますが、同じように話を聞きたいと思っても聞けない訳で仕方ないので、「聞かなかった方がよかったんだ」と思うようにしてます。

今、親御さんがいらっしゃるなら、自分が生まれていない時代のどんな話でも聞いておく事をお勧めしておきます。
posted by ガチャポン at 22:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

街の風景・・・・

今週からの仕事の場所は、大阪・本町なんですが、帰りは心斎橋通りを南下して、難波まで歩いています。
昨年も同じように歩いていたのですが、微妙に変わっています。
昨年は、心斎橋のラ・ボルト心斎橋(昔のソニータワー大阪)の前に中国人が団体でたむろしていたのですが、今はほとんどいません。心斎橋筋を歩いていると中国語が聞こえるので、観光客はきているのでしょうが、減少しているのでしょうか?
あと、歩いていると、ショーパンを穿いている若い女性が目につきます。今年の流行りなんでしょうか?
それにしても、最近の女性の脚は長い!

あと、通行人の声をかけるキャッチ・・・特に、女性を待ち受けている「ギャル男」君の数が減りましたね。
これは規制のせいでしょうか?それでも、阪神タイガース優勝の時に飛び込むので有名な道頓堀橋の上は、山のようにいますけどね。
ここを通る時、一人か二人ですが、女性に声を掛けられます。「お酒は・・・・」
無視して通りすぎると、それ以上は追っかけてはいませんが、あの声にほいほい付いていく輩も多いんでしょうね。

そこを通り過ぎると、戎橋筋に名前が変わるんですが、ここの人通りが以前に比べてすごく減ってます。
通る時間が20時をしっかり過ぎているんで、お店がほとんど閉まっているからなのかな〜

ここを過ぎると難波駅に到着。

本町から難波まで、人の量にも寄りますが、20〜30分ぐらいかかりますが、今の世の中の状況を垣間見るようでなかなか面白いです(^_^)/

posted by ガチャポン at 22:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

三方一両損どころか・・・・

『三方一両損』
落語・講談の話で、左官金太郎が3両拾い、落とし主の大工吉五郎に届けるが、吉五郎はいったん落とした以上、自分のものではないと受け取らない。そこで、当時の奉行の大岡越前守は1両足して、2両ずつ両人に渡し、三方1両損にして解決するという。『名裁き』の一つ。

離党届を出した小沢新党、その離党者に対して除籍処分を出した民主党、分裂した民主党を横目で見ながらほくそ笑む自民党という3つのうち、誰が得したのでしょうか?

まず、小沢新党・・・・政党助成金を受取ることは難しく、しかも「オリーブの木」なる構想を打ち上げるも
石原・橋下の両巨頭には断られ、頼みの綱の国民支持も芳しくない。民主党に残ったところで、冷や飯を食わされるぐらいなら、ここは玉砕覚悟で討ってでた感じが否めない。
民主党・・・・野田総理自らの政治生命を賭けた増税という大勝負に造反者が大量に出て、面目丸つぶれ。
『党内さえまとめきれない代表に何ができる!」という言葉通り、外交、経済、復興対策、原子力、沖縄・・・な〜んにも出来ない。挙句にマニフェストに書いてあった後期高齢者医療制度も年金対策も増税の生贄となり、もはやマニフェストに書いてあった項目の何ができたの?と聞きたいくらい、何もできていない。
自民党・・・・一見すると、長年の思いであった増税は、自分達の手を直接、汚さずに後一歩もところまで来ているし、一番美味しい思いをしているようにみえるが、所詮、谷垣は飾り物とばかりに水面下で魑魅魍魎政治家がばっこしていて、この先、決して安泰とは言えない。ましてや、「党の顔」となりうるだけの人物も見当たらず、一番近いので石原か石破ぐらいだが、まだまだ、まとめる事は出来ないでしょう。
それに、民主党に大敗する前の長期政権時にした事に嫌悪感を抱く人も多く、今回も野田を操っているかのような動きには支持は増えないだろう。第一、増税に賛成したことが国民にとっては許さない事であるのがわかっていないのも問題だ。

結局、どこも得したとはいえず、むしろ、嫌悪感を抱かせる結果になったような気がするので、『三方、大損こいた」って感じじゃないでしょうか?
今後、衆院選がいつ行われるのかはわかりませんが、いずれも議席は減らすような気がします。
posted by ガチャポン at 23:46| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

久しぶり・・・・・

7か月ぶりの通勤路。

忘れているようで覚えてましたね。
ただ、街の風景は少し変わってました。

店が変わっていたり、新しくなっていたり・・・・

たった7ヶ月とはいえ、街は進化してますね〜

ただ、事務所に入ると顔なじみの人が笑顔で挨拶してくれました。

忘れられていない事に、ちょっとほっとしました。


でも・・・・・

仕事はたくさんあって、いきなり残業でしたバッド(下向き矢印)
posted by ガチャポン at 23:10| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

さて・・・

明日から、仕事が始まります。
6月がまるまる「梅雨休み」で自宅にいましたから、俗にいう「出勤時間」に出かけるのもひと月ぶりになります。
5月末までは、仕事場が遠かって始業時間が早かったので、5時半起床の6時半に家を出てましたが、
今回は、大阪市内(本町)なので、7時起床で充分です。

仕事先も昨年11月まで行っていたところなので、ある意味、気が楽です。
とは言え、久しぶりなので、ちょっと緊張もあります。

では、頑張ります。

posted by ガチャポン at 22:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読売新聞社説・・・あらまっ!

本日の読売新聞社説―民主党分裂へ 首相は早期に体制を立て直せ(7月1日付・読売社説)―の冒頭を読みだした瞬間に出た言葉でした。
『相変わらず身勝手な主張を繰り返す小沢一郎元代表・・・・』
ここまでズバッと書くかぁ〜

僕は個人的に小沢氏のファンでもないし、どちらかと言えば、嫌いなんだけど、「社会の公器」と言われる新聞にいくら社説とはいえ、こういう表現はいかがなものかと思ってしまう。
ここ数日の社説でも
・年間16・8兆円の財源捻出が可能としたマニフェストは完全に破綻している。小沢氏自身、幹事長を8か月以上務めながら、公約実現に動いた形跡はない。(30日付 小沢・輿石会談 無茶な要求には付き合えない
・鳩山氏こそ、実現性の乏しいマニフェストを主導し、国民を欺いてきたことを猛省すべきだ。(27日付 一体法案可決 民自公路線で確実に成立を
などと増税反対派に対して、辛辣な(というよりも暴力に近い?)言葉を浴びせかけているが、読んでいる側としては、喝采というよりも不愉快な気分になってくる。

増税は確かにしないといけないと思うけども、今回の増税法案の衆院可決までの流れはあまりにも拙速であり、経済の先行感が不透明で、どちらかというば停滞しているこの時期でいいのかという気持ちである。
増税したらこれだけ負担が増えますといった事は他紙やテレビでは紹介されていたが、読売新聞には紹介されていない(記憶の限りでは)のもおかしな話である。
それでいて、新聞などには適用されやすい「軽減税率」については、話が出た途端にその是々非々も問わず『導入検討』というのは身勝手な話ではないか。

子供の時から読売を購読していて、親が他紙に変えたら怒っていたほど親しんでいたのだが、ここ数日の社説を読んでいると、あまりにも露骨な表現や乱暴な言葉遣いが増えていて、品位がどんどん堕ちていっているようで残念でならない。

一昨日に集金の方が来られて、契約の話(一年契約をしているので)があったけど、昨今の社説の内容を理由に保留させてもらいました。(所謂、『先送り』?(笑))

民主党の幹部に猛省を願うなら、この一連の社説の執筆者に少なくとも不愉快な気分にさせるき表現を使っている事を猛省してもらいたい。
けど、まあ、こんなところで書いているようでは届かないだろうけどね。

【過去記事】
『読売新聞・社説・・・』
『これはおかしいでしょう・・・』
posted by ガチャポン at 10:50| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

ゲッ!

食べだしたのに、まだ、下がってる・・・・・
2012_0630_094247-IMG_20120630_094248.jpg
追記(翌日)
posted by ガチャポン at 23:29| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検査の結果・・・

胃カメラ・・・・飲んできました。

「鼻から・・・」は2回目だったんですが、前回、なかなか通らなかった事は覚えていたんですが、どっちの鼻なのか忘れてしまって・・・
まずは、右側でしようと麻酔をしたんですが、胃カメラを通す前に拡張するチューブさえ入らず・・・
左側に変更すると、こっちは簡単に通りました。(鼻中骨湾曲と昔、診断されているんで通りにくいらしい)

胃カメラを通すと、「こんな時間なのにえらい胃液があるなぁ〜」
11時半からの検査なので、朝食を抜いていれば、胃液がこんなにはないのが普通だそうです。
「見にくいけど、しっかり潰瘍があるのが見えるわ〜、わぁ、パンダの目みたいに2つ大きいのがあるわぁ。
これ、もうちょっとしたら、破裂して吐血してたかもしれんわ」
モニターの画面が僕にも見えるのですが、メガネをはずしていてもわかるぐらいだから、大きいようです。
「これだけ胃液が溜まってるんやったら、下の方も見てみようか」
胃カメラは十二指腸の方に進んでいきます。
「あっ、やっぱりここにもあるなあ・・・これは細胞診しとこか」
胃カメラから何かを入れて、少し削っていました。
「まあ、心配ないと思うけど、念には念を入れとこか」

「さあ、おわりにしましょうか。おっと、その前にこの胃液、取っとこ。少し楽になるから」
歯医者で唾を吸い込むように胃液を吸い出しました。
しばらくすると、「もうええやろ、でも、よう取れたわ」
見てみると容器にかなりの量が・・・200ccぐらいあったと思います。


これで、検査は終了。結局、原因は胃潰瘍ということで、薬での治療となりました。
注射で投入された薬と胃液の吸い上げで、帰宅してからも痛みは全然なくなってます。

原因はわかったので、しっかり治したいと思います。
ご心配をおかけしました。
posted by ガチャポン at 00:40| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

ちょっと大変?・・・

6/25日の『経路治療』の後、一時的にはましになったのですが、胃の痛みがましになりませんでした。
朝は食事をとれるんですけど、昼は食べると胃が痛む事があるのであまり食べたくない、で、夜は少し食べると膨満感が出て、箸が進まない・・・という事を2日続けたら、なんとこうなりました。2012_0628_071206-IMG_20120628_071206.jpg
30年前ぐらいの体重です。
これは、さすがにまずい!と思って、今日、内科に行ってきました。

もちろん、問診だけでは病名はわからないのですが、さすがに内科医。
潰瘍の疑いがあるという事で、今日のところはその薬を投入してもらい、明日、胃カメラを飲む事になりました。
薬を投入してもらって、痛みはかなり軽減してるので、そうなのかなと思ってます。
来月から仕事が始まるので、今週中になんとか原因ぐらいはわかりたいですね。

さあ、明日は胃カメラ・・今回は鼻からの胃カメラで、昨年に続いて2回目なんですが・・・・
うまく行けばいいですが・・・・
posted by ガチャポン at 22:31| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

消費税増税法案、衆議院可決・・・・

まあ、予定通りちゃ予定通りなんで、驚く事ではないんですけどね・・・・。
ただ、既存政党がどれだけアホだったのかよくわかってしまいました。
しかも、マニフェストに書いていない事をここまで早急に強引に進めた民主党は、まったく信用できなくなりました。(前から信用していませんが・・・(笑))

ちなみに、僕は「増税は仕方ないと思うけど、この時期ではないし、その前にしなければならない事を片付けてからじゃないとダメ」という意見です。
アホな首相が「社会保障や行政改革や政治改革、(国会議員)定数削減をしっかりやり抜く。」って言ったって、誰が信用しますか?
『マニフェストに書いてある事はしないし、書いていない事をするし、党のコンセンサスを取らずに勝手に走りだして、できなくても謝りもしない』というのが民主党のイメージですな。
民法の番組によく民主党の議員が出て、他の出席者に攻められると、大概は「この部分は結果を出してるし、今もそれを検討しようとしている」等というパターンが多いけど、重要な事は何もしていないのが事実。

今回の採決には自公も賛成しているが、こいつらも政局争いの事しか考えていないように思える。
『国家の事を考えて・・・』と言いながらも、造反者の処分をはっきりしないと国会審議は拒否って・・・
明らかに解散・総選挙だけしか考えていないじゃないか。

Twitterに『根本的に政治のやり方自体いいかげんに考​えないとこの国は持たない』とか『日本​終わり』という言葉が飛び交っているけど、ほんと、その通りだと思う。
あるtwitterに「民主党の議員さん、ここが日本である事を感謝しなさい。アラブの国なら間違いなくクーデターが起こってるよ」というのを見た時はさすがに笑ってしまいましたが・・・・

もはや、しがらみがない国民の大部分は、今の官僚政治には、呆れかえていと思うが、それをまとめ上げてぶつける手段がないのが口惜しく感じているのは、僕だけでしょうか?
posted by ガチャポン at 23:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

経路治療

体調が今いち・・・一時的なものですが、胃の辺りが寝る頃や寝てから痛くなるとと言うか空腹感みたいな感覚になり、寝られなかったり目が覚めたりしてます。
その痛みに応じて胃のツボを押したり、牛乳を飲んだり、酷い時は薬を飲んだりしてやりすごしてました。
今日、たまたま、友人から紹介されて行った整骨院で腰痛が回復しつつある相方がそこに行くと言うので同行しました。

言った先は大阪・駒川の整骨院。

問診票で首・肩・背中・腰に痛みありと記入して、先生にご対面。

すると、先生は体に一切触れず、肩や腰に手をかざすのみ。
そして、「ここらへんの血流が滞ってますね」とあちこちの箇所で言われました。

その後、電気治療した後に先生の治療が始まったのですが、これも手をかざすのがほとんどで、部分的にツボを押す程度でした。

結局のところ、僕の胃の痛みは足腰の冷えが主な原因で、胃の活動がおかしくなっているという事で胃に負担をかけないようにするのが一番の治療だそうでした。

こういう治療法は「経路治療」というらしく、患部に触る事なく治療するのは画期的な経験でした。
治療後ですが、心なしか痛み等はなくなっているようですが、これも劇的に治るものではないと自覚しているので、これからどうなっていくかですね。
取りあえず、足腰を冷やさないようにしとかないと・・・
posted by ガチャポン at 22:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。