2004年10月15日

サッカーじいさん登場

遅ればせながら、サッカーのオマール戦について書きたいと思います。キックオフから20分程度経過してから見始めた訳ですが、いつものように攻められているシーンが多くて、ひやひやしていたのですが、何かいつもと違うように思えてきました。何が違うかといえば、「落ち着いて」いるのです。ゴール前まで攻められていても、難なくクリアしているのです。後半に入って序盤に鈴木選手がゴールしたシーンも、中村選手が上がっていって、そこからセンタリングした時も「落ち着いて」いるのです。ゴールした後は、はっきり言って、点は取られないと思いながら見ていました。終了のホイッスルが鳴った時、思わず「力をつけたなあ」とつぶやいてしまいました。
自分の力、チームの力を各々が信じ、信頼感が生まれたときに、そこには、「落ち着き」が生まれ、それがまた、相手チームへの圧力となり、勝利の女神の微笑を手にいれる一歩となるような気がします。これからの最終予選、そしてW杯の本選が待ち遠しくなるような試合でした。
【おまけ】
試合後に次の試合は、過去の代表選手を招集するような話でしたが、これもなかなかいいアイデアと思いました。
posted by ガチャポン at 23:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Sport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/816991

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。