2012年12月10日

さらば 読売新聞!

以前にも書いたんですが、来年の読売新聞の購読契約をやめます。
子供の時に親が他の新聞に契約を変えた時も強引に読売新聞に戻させたり、結婚してからは、他の新聞が勧誘に来ても「読売新聞の関係の仕事をしているから」と嘘までついて、27年間購読してきたんだけどね。
11月末からいつもの集金の方や他の方が何回も来て、契約の継続をお願いされているんですが、全て断っています。

なぜそうするのか・・・・
それは、以前に書いた会社の意見ともいうべき社説に納得できないからです。
これはおかしいでしょう6月18日
読売新聞・社説6月22日
読売新聞社説・・・あらまっ!7月1日

上記のブログに書いたような「我々が考えている事が一番正しい」と言わんばかりの思い上がった社説とくれば、「社会の公器」とはもはや言えなくなったんだから、やめるしかないでしょう。

最近のマスコミ界がネットでは「マスゴミ」と呼ばれているけれど、本当にそんな感じがしています。
軽薄な番組を作り続けてただただ視聴率の上げ下げに躍起になっているテレビ界。
売上を図るために有名人のスキャンダルばかりを取り上げる週刊誌。
その中で新聞だけは・・と思っていたのに・・・・
裏付け取材もしないまま、スクープとばかり上げた「iPS心筋移植」の誤報事件や自社に関係する他紙の記事に対しての稚拙な反論記事など、呆れかえるような記事ばかり。
クソみたいな朝日や産経に比べて、ずっとましだと思っていたけど、もはや読売もクソ新聞になり下がったように思います。

インターネットやテレビが速報性があるのだから、新聞はじっくりと伝えるという事で勝負しなければならないと思うのだが、紙面にはどうでもいいような記事ばかり。
書けるほどの取材をしていないのか、記者に書く力がないのか、はたまた、取材をしていても「大人の事情」で載せられないのか・・・・もはや、新聞界も終わりました。

そう考えてみると、地域のスーパーのチラシを見るために、新聞の契約をすると思った方がいいのかもね(笑)
posted by ガチャポン at 00:33| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中学1年の頃。
尊敬する国語の先生に「TV欄以外も新聞を読め」と授業で諭されました。
それ以来、新聞を解らないなりに読んでたら、ある日。
「新聞読んでるか?」と声をかけられました。
ここぞとばかりに「はい!読んでます!」と答えたら、

「そうか。半分は嘘やからな。自分で考えろよ」

今もスゴイ先生だったなぁと思います。
Posted by ROKU at 2012年12月26日 22:18
ROKUさん
いらっしゃいませ〜

お久しぶり〜と言ってもいい「ROKU」さんかな?

スゴイ先生ですね。
「新聞を読め」まではよくある話ですが、「半分は嘘」と言い切るのは、初めて聞きました。

新聞・テレビでしか目に入らなかった情報が、今やネットから入ってくるようになって、溢れかえてます。
嘘や隠し事がもはやできなくなってきているんですが、それでもね・・・
中国がネットを規制しているのがよくわかりますわ。
Posted by がちゃぽん at 2012年12月27日 00:14
お久しぶりです!本当に不義理ばかりしてすみません(汗)また寄らせていただきます!
Posted by ROKU at 2012年12月28日 00:50
>ROKUさん

やっぱりそうでしたか。
ほんまにお久しぶりです。

いやいや、謝って頂く必要なんかないですよ。
ご覧の通り、気が向いた時だけ書いているブログですから・・・・(笑)

こうして、久しぶりにでも寄って頂くだけで感謝です(^^)v
Posted by がちゃぽん at 2012年12月28日 01:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。