2012年09月17日

えらい事になってますなぁ・・・・・中国

中国での反日デモが中国全土に広まって、一部では暴徒化した民衆が日系企業に対して、破壊行為や放火まで行っているのは、マスコミの報道にて大きく取り上げられている。
ニュースの映像などを見ていると、ほんとに酷くて、憤りさえ感じてしまいます。

映像を見ていると、ある事に気づいてしまいました。暴力的な行動は若者が多いという事。そして、その若者を含めて、正直、あまり「いい」服装をしていない。
何を言いたいのかと言うと、中国社会において、どちらかと言えば低所得者層が中心となっているのではないだろうか?
「日本製品をボイコットせよ」と大声で叫んでいるらしいが、日本製品を手に入れる事ができなくて使った事がないから、そんな事を言えるのじゃないでしょうか?
以前に中国からの観光客が電化製品や化粧品等を購入しているところをインタビューで「日本製品は素晴らしい」とか「信頼できるから安心して使える」と言っている。しかし、日本に来れるような人は富裕層だと思うので、そんな人達から「ボイコット」なんて言葉が出るとは思えない。
また、襲撃された店舗から商品がほとんど略奪されているのも貧困層の成せる業だと思うと合点が行く。
つまり、今回のデモはその貧困層が中心となっているんじゃないかな?
現在の中国では、昨今の自由化政策で貧富の差が激しくなってきているので、地方や若年層には現在の指導層に不平・不満を持っているので、当局が「ガス抜き」のために対日を利用して「デモ」を容認してきたことは今までも伝えられているが、今回は、毛沢東の写真を掲げて当局を非難するデモの写真もあったので、「ガス抜き」程度で収まるのかどうかも危うくなってきているのではないか?
反政府、反共産化にデモが進んでいく可能性もあってか、中国政府も慌てて規制を強くしだしてきているらしいけど、果たして、今後どう進んでいくのか注視していく必要があるだろう。
しかし、今回の暴徒デモを全世界に対して明らかになっていく事が、利益にならない事に中国政府も気がつかないといけないわな。

一方、韓国での騒動は、この2、3日は中国との騒動で一気に報道が沈静化?してしまいましたな。
所詮は、中国>>>>>韓国なのだろうか?
posted by ガチャポン at 22:23| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんまに日本人、特に政治家はもっと共産主義を知る必要が有ると思うのよ。経済は資本主義だけど、思想は完全に国が動かしていると言う事をね。デモに参加している人達は不満を沢山持っている,其の不満の出口に成っているんですね。それに乗じて国が容認している。それでないと報道には乗らないですもの。共産主義はもっともっと私たちの理解を超えていて、表面に出て来ない中国の方々をも苦しめていると思う。こんな筋書きに乗っては行けない。間違いの始まりは野田さんの判断ですね。東京都で先ず持つべきだった。其の事も理解してこれから
の動きは慎重に成って欲しい。例え島がどちらの物に成っても、日本の製品が中国から無くなっても中国の方々は幸せに成らないと言う事だと思うの。
Posted by ふーちゃん at 2012年09月18日 07:33
ふーちゃんさん
いらっしゃいませ〜

確かに「知る」という事は大事だと思います。
相手の度量がわからないから、自分の物差しで判断する事が一番危ない事だと思います。でも、今の内閣には保身だけのバカな人間ばかりですからね。おっと、内閣だけじゃないか?
どこかに書いてあったんですが、ヨーロッパも近隣諸国で争っていたのが、長い年月をかけて「EC」という共同体になり、横並びの関係が築けたが、東アジアは未だに縦並びで序列を決めようとしている。まさにその通りだと思います。
民間レベルでは、小さく細いながらも手を繋ぎ合っているところも垣間見えているので、そこをどんどん太くしていけたらいいとは思うんですが・・・
Posted by がちゃぽん at 2012年09月19日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。