2012年06月22日

読売新聞・社説・・・

4日前に「これはおかしいでしょう・・・」で、読売新聞の社説について、書きましたが、
本日付けの社説にも一部、そこまで言うかと思った文章でした。

『 鳩山、菅、野田の3代の内閣は、マニフェストの主要政策が実現不可能であることを事実上認め、現実路線にかじを切ってきた。政権交代後に積み重ねてきた政策論議を一切無視するような、身勝手な理屈は説得力を持たない。
 消費増税に反対し、社会保障制度や財政の破綻を招くことこそ、国民を裏切る行為である。』

『事実上認め』って、・・・いつ国民に対して謝りました?
確か、選挙の時に『できなければ国民の信を問う』とか言ってませんでしたか?どの行為を持って「認め」と判断したのでしょうかね。納得いかないなぁ。
それに、最後の一文なんて、今、まさに論争が起こっているところじゃないのかな?
【増税しないと財政破綻を招く】・・・・・・・・・増税賛成派
【この時期に増税したら、経済が悪化する】・・・・増税反対派
それをはっきりと『国民を裏切る行為』って、普通なら恥ずかしくてここまでは書けないでしょう(笑)

社説とは、事実報道とは一線を画し、社としての主張を堂々と掲げることがその旨とされているから、読者とズレがあっても当然だとは思うけど、事実にない事や決めつけとか先入観を基にした文章を書くのはいかがなものと思うんですが・・

前回の採点と同じで赤点!
posted by ガチャポン at 10:06| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。