2010年06月08日

過半数阻止できるか

管内閣の陣容がほぼ決まりましたね。

それにしても、昨日からのテレビ報道は凄い。
各局が異口同音に「支持率アップ!!」と叫んでましたね。

ほんまかぁ〜

ここまで、各局が一緒なら・・・と信じてしまいそうだけど、
むしろ、何らかの情報操作が行われているような気にもなってきますね。
確かに、支持率=投票とは違うとは思うけど、その投票に関しても民主党が回復しているからなぁ。

そのあおりを食ったのが、自民党とみんなの党。
みんなの党は、実績がないし、あくまでも第3勢力的なイメージがあるから仕方ないけど、
自民党が情けないよね。

執行部が若返っていないから、野党としてどう動けばいいのかわかっていなくて、
ただただ、相手のエラーを見つけて、それを糸口にしているから、今回のように
先に民主党に手を打たれたら、為す術もなくなってしまってる。

元々、与党として国会運営をしてきたのだから、中堅どころでも力のある人間がいるんだから、
力を結集すれば、民主党に負けないものがあると思っているんだけど、なんででしょうね。

小池・石原・河野・野田・後藤田・山本と楽しみな人材がいるんだけど・・・・
今の自民の古い体質ではもうダメと古参議員にわからしめるために何もせずに放置しているのかな。

今の谷垣執行部では、今度の参院は、よくて現状維持、悪けりゃみんなの党に流れて減らす可能性さえある。
さらに、頼みの綱の民主の汚点を消されたから、責める糸口さえ細くなっている。

参院で民主党が過半数を取るようになるとこの国は、とんでもない方向に行きそうだから、
野党には頑張ってもらわないとダメなんだけどな。
posted by ガチャポン at 13:50| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
文面から察しますと、民主には投票されないようで安心しました。周りの人にも入れないよう働きかけてください。本当に、民主に過半数とられると危ないと思います。野党の時には反対していた強行採決をなんども繰り返しという傲慢さ。色々危険な法案用意しているそうです。

さて、前田雄吉って覚えてますでしょうか。
この男、前衆議院議員で民主党内では小沢一郎グループ、「国民の生活が第一」の山岡と同じマルチ商法の議連のひとりでした。その後、マルチ商法業者からの献金受給をしていたことが発覚、責任を取って2008年10月に次期衆議院選挙への不出馬を表明し、民主党を離党した

はずなのに今回の参議院選挙比例区に立候補しております。
彼のホームページは作り直され新しくなったのですが、マルチ商法については一言も触れていません。当選させたくなるような言葉ばかりが並んでおります。確か、こやつ、自分はマルチ商法は悪いと思っていないと最後まで言っていたと記憶しております。信念を曲げることなく小沢に辞めさせられたはずです。ようつべの映像には”小沢氏から"今回は堪えてくれ。参院選で復活できるようにするから"と言われたらしく、”とあります。ということは、おそらくは当選後、また、マルチ商法業界のため他の民主議員とともに活動し始めると危惧しています。
マルチ商法業界は民主と深い関係にありますから。
Posted by ふんど at 2010年07月08日 02:19
ふんどさん
いらっしゃいませ〜

今回は結果は、我々のように憂いていた人間が多かったって
いうことですかね。
取りあえず、過半数を取れなかった事はよかったです。

それと、お書きになっていた前田雄吉も見事に落選してました。
よかったです。
Posted by がちゃぽん at 2010年07月13日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。