2010年01月31日

時、既に遅し?

民主党の前原・枝野両氏から小沢幹事長に「けじめ」を求める発言が出てきました。

この時期に出てくると、世間の不支持率を見てとか、今後の参院選を見てとかといったものを
思ってしまいますね。

でも、もう遅いんじゃない?
・政権運営のまずさやリーダーシップ欠如を曝け出した内閣。
・中国要人に対する天皇へ接見問題や外国人参政権問題で、暴走してしまう党の性格。
・難しい経済政策をほったらかして、ばら撒きすればいいとばかりの
浅はかな行動しか取らない「知恵のない」集団。
・約束したマニュフェストが守れない詐欺集団(もともとムリな政策なんだけどな)

こんな行動を曝け出しているんだから、不支持率が支持率を上回っても仕方ないでしょうね。

党内が小沢幹事長に「牛耳られている」事もわかって、この後、反小沢派との溝は深まるでしょうね。

今後考えられる事として、
・5月に普天間問題回答前に、鳩山首相辞任表明。
 (次期首相の決定で党内が混乱)
・次期首相が、住民感情を無視しての名護キャンプシュワブ沖再決定。
・この時点で社民党が脱退を表明して連立が解散。
・参院選前までに「外国人参政」法案の提出。
 (公明党の票で成立を目論むも思ったように集まらず不成立)
・参院選で敗北
なんてありえそうですね。

posted by ガチャポン at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。