2009年12月15日

日本の将来は?

昨日から今朝にかけて、ニュース番組での民主党小沢幹事長の会見を見ました?

あれはちょっとひどいですよね。巷では「恫喝会見」と言われているらしいですが、
その内容も過去例を見ないほどの理屈。「天皇軽視」と言われても仕方ないですな。

同行者600余人の中国訪問。
「恫喝会見」の裏であまり騒がれていないようだが、「外国人参政権」に対して、
「(党内に)賛否があるのは承知しているが、自分たちの政府が提案したことには賛成するのが普通だ」
と、
反対派の党所属議員と同じ刀の振り下ろし。
しかも、韓国国内の講演でのその法案提出の発表。

片や、「鳩さん」は、のんびりと「普天間」問題の先送りを発表。
沖縄県人も、「やっぱり予想通り」と半ば呆れ顔。
交渉というものは、相手がいるのにもかかわらず、そんな事で納得するの?

行動・言動の裏に何があるのか?
正直、日本の将来像をどんな風に描いているのか怖くなってきます。
posted by ガチャポン at 22:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。