2005年12月31日

こんな最中はどう?

つぶ餡が好きということは、周知の事実ですが、その中で最中(さいちゅうじゃないですよ、もなかですよ)はどちらかと言えば苦手なんです。周りの皮?の部分が口の中のどこかに張り付くのがいやなんです。

大阪に帰ったとき、相方が
「最中があるよ」
「最中は好かん」
「美味しいねんでぇ、私もどっちかと言えば嫌いなんやけど、これはイケるよ」
勧められて、食べてみたら、これは美味しい。皮も張り付くことなく食べることができ、つぶ餡も美味しい。それがこれ。
51230天領最中.jpg

変わっているでしょ。お城の形ですよ。
堺市にある南曜堂というお菓子処の商品でした。
なんでも、このお店、昔は和菓子全般を作っていたそうだが、ある時から最中だけを作るようになったとか。

うーん、これはOKですね。
地方発送もしているそうな、興味のある方はググって下さい。


posted by ガチャポン at 01:07| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | あんこ党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地方発送か。うちも、してもらうか?
買いに行ったほうが早いな
Posted by シロブタさん at 2005年12月31日 18:42
しろぶたさん
いらっしゃいませ。

そらあ、買いに行った方が早いでしょ。
お仕事の帰りにどうですか?
・・・・だいぶ、遠回りになりますかな?
Posted by がちゃぽん at 2006年01月01日 02:42
お気に入りの最中屋さんです。
最近全国的にも有名なお菓子屋さんの最中を食べましたが、餡は堅くて皮は口に残り、がちゃぽんさんの「ね、ダメでしょ」という声が空耳で聞こえました。

先週いろいろと買ってきました。
「こづち」と「ちんちん電車」どちらも同じ餡と餅入りです。ちんちん電車の方は女性がおちょぼ口で食べられるように考えられたのだとか。餅が柔らかい餡と一体化してます。

季節限定の懐中じるこも買ってみました。しるこなので多分粒あんじゃないと思うけど、
日持ちするので、又次回の報告とします。

南曜堂でいつも買うのは「貝あわせ」一口サイズのものです。いろいろな形の二枚貝が15個入ってます。売り切れてることも多い商品です。水曜限定の丸くて平らな「巴もなか」もお買い得な値段です。
どちらも例のおぜんざいをサイズが小さいという理由で減点にしたがちゃぽんさんには、お勧めできないかなぁ。尤も、只今ダイエット真っ最中、いや 体重計に乗るのが趣味に近い状態のがちゃぽんさんには、やっぱりお勧めなのかも。

ダイエットと言えば、手作りするとどうしても沢山食べてしまいますね。お菓子に限らずね。
先日花びら餅を作ったのですが、求肥の切れ端とかついつい食べちゃいますね。これは白あんに白みその入った特別なお菓子ですが、小豆じゃないから勿論パスよね?

Posted by 招き猫(^-^)ノ at 2006年01月29日 10:30
本来、和菓子は好きなんですよ。
僕がいう和菓子ってお茶会に合うのが和菓子って
思っています。
でも、餅が入ってたりすると、なにか和菓子と違うって感じなんですよね。

そういう意味で言えば、ぜんざいはもとより小豆が入っていると和菓子と違うんですけどね〜。

う〜ん、うまく言えないなあ。
Posted by がちゃぽん at 2006年01月29日 14:05
がちゃぽん流では和菓子がお茶会に合うお菓子という定義なの?
で、餅が入っていると和菓子とは違うのか・・・イメージがしっかりあるのね。難しいなぁ!

この花びら餅っていうのは、裏千家の初釜のお菓子で、皮は求肥なの。求肥の材料は白玉粉ですが、これはもち米からできた粉のこと。そして、南曜堂最中のお餅は求肥なのよね。

昨年教育TVで見たんだけど、私達と多分同じ年の某お家元、鴨川べりをサイクリングの途中にお茶を点ててました。そんなときのお菓子は所謂お茶会用のお菓子ではなく、おせんべいとか金平糖やチョコレートとか、お茶の香りや味を損なわないものなら何でもOKだそうです。

Posted by 招き猫(^-^)ノ at 2006年01月30日 01:32
がちゃぽん流というより、個人的にです・・・

好みについては、自分でもわからんくらい、難しいです。
これはダメ!と言っておきながら、美味しそうであれば、食べてしまうし・・・・
つぶあんが好きと言いながらも白あんも食べるし・・・

早い話が気まぐれ?
Posted by がちゃぽん at 2006年01月30日 23:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。